40代は内臓脂肪型肥満のりんご体型には気をつけよう

40代は内臓脂肪型肥満のりんご体型には気をつけよう

40代は内臓脂肪型肥満のりんご体型
40代は脂肪の付き方に特徴が出てきます。

 

30代の脂肪の付き方は、お尻や太ももに脂肪が付きやすく
洋なしのような体型になります。

 

また、皮膚と筋肉の間に脂肪がつく皮下脂肪が特徴的です。

 

40代になるとホルモンバランスや筋力の低下が
お腹に脂肪が溜まりやすくなります。

 

この体型をりんご型っといいます。

 

りんご型は、皮下脂肪と違い内蔵のまわりにつくのが特徴です。

 

見た目の体型は太ってはいないように見えても
内蔵のまわりに脂肪がたくさんついていることがあります。

 

りんご型肥満は見た目で降っていることが判断できないので
隠れ肥満と言われることもあります。

 

洋なし型とりんご型の特徴を紹介しましたが、
どちらも、肥満であることは一緒です。

 

りんご型の方が内蔵につきやすく肥満である自覚も少いので
若干不健康な気もします。

 

40代の方はダイットをすると見た目を良くするばかりか
病気の予防にもなります。

 

今のあなたの体型は、いままで過ごしてきた習慣の結果です。

 

もし、ダイエットや病気を予防したいと思うなら
常日頃の運動や食事に気を配る必要があります。

 

理想としては、20代の頃からコツコツを運動をして
健康的な食事を意識した習慣を取り入れることです。

 

30代では、筋力が衰え始めるので筋力を鍛えることが重要になってきます。

 

40代で初めてダイエット開始する方は、体に無理な負担がかからないように
運動を取り入れながら食事に改善をしましょう。

 

まとめ

40代になると、洋なし型肥満(皮下脂肪)からりんご型(内蔵脂肪)に変化する

 

りんご型肥満は見た目で判断することが難しく隠れ肥満もいる

 

40代からのダイエットは、見た目を良くするばかりか
生活習慣病の予防効果もある

 

 

 

 

 


 
トップページ 口コとミ効果!! 激安購入は楽天?Amazon? 脂肪を燃焼させる方法 サイトマップ